株式会社テンヨオ
第431010010583号/
埼玉県公安委員会 古物商許可証

〒336-0027
埼玉県さいたま市南区沼影 1-6-28 

お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
平日 11:00~19:00
0120-33-5679
※火曜日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承下さい。

浦和レッズ

« 楽天市場店 新着情報 セットものたくさん! | メイン | 楽天市場店 超お買い得まとめ買いセール!! »

四十八茶百鼠


江戸っ子好みの色めといえば「四十八茶百鼠」といわれる茶系とグレー系に代表される渋めの色です。江戸でも武家では華やかな色に染めあげたものも好まれましたが、町方ではもっぱらこうした茶系やグレー系、あるいは紺などのバリエーションになる色が好まれました。
おそらく度々出される「奢侈禁止令」によって、表地は地味でちょっと見はお金が掛かっていないものに見えるようにする必要から生じて次第に江戸っ子の張りと意気地を表すような「江戸好み」に転じていったものなのでしょう。

四十八茶百鼠といっても本当に茶色系が48色、グレー系が百色あったわけではなくごろが良い言い易い数を拾って種類の多さを表現しているものと思われます。
現在はその呼び名もほとんど廃れてしまっていますが、前回お話した市川団十郎の好んだ明るい茶色「団十郎茶」、同じく歌舞伎役者の中村芝翫が好んだキャラメル色に近い「芝翫茶」、名女形瀬川菊之丞の俳号から名前を取った黄土色に近い「路考茶」など、やはり当時のファッションリーダーたちの好みが流行色となっていったようです。鼠色にも、千利休の好んだほんのりグリーン味のグレー「利休鼠」をはじめ、ありとあらゆる色にグレー味を乗せて「何々鼠」という色があったようです。

表にはそのような渋い色を使って裏地や下着などにドキッとするような豪儀な柄や色を隠しているというのが「江戸っ子の粋」だったのです。

洋服の世界では女性がマニッシュなパンツスーツなどを着ることがまったくの常識になっている今日この頃、着物の世界にもやはり華やかな色合いのものよりスーツに使われるグレーや茶系の色を着たほうが気持ちが落ち着くといわれる方が多くいらっしゃるようです。洋服に慣れた現代の私たちだからこそ江戸好みの四十八茶百鼠がまた身近な色になってきたのかもしれません。





タンスに眠っているあなたのお着物を天陽にお売りください。

もう着なくなってしまったあなたの大事なお着物を

待っていらっしゃる方がいます…

天陽のきもの買い取りをご利用ください。


着物買い取りの流れはこちら


きもの買い取り希望のかたは フリーダイヤル 0120-33-5679

日時: 2008年01月18日 16:12 |江戸好みの着物の粋

リサイクルきもの 天陽が贈る新商品/人気商品

店長おすすめ★コーディネートセット★

★店長おすすめ★
コーディネートセット

■価格  10,000円~
(税込 10,800円~)
■送料別
詳しくはこちら

 羽織もの特集

★羽織もの特集★
羽織&道行&コートetc

■価格  1,000円~
(税込 1,080円~)
■送料別
詳しくはこちら

高級 美濃和紙"

★高級 美濃和紙★
着物用・帯用 組み合わせ自由♪

■価格  1,850円~
(税込 1,998円~)
■送料別
詳しくはこちら

踊り用衣装

踊り用衣装 
踊り用の着物や帯が続々入荷中!

■価格  2,000円
(税込 2,160円)
■送料別
詳しくはこちら

最大80%OFF!★特売セールコーナー★

最大80%OFF!
★特売セールコーナー★

■価格  2,000円~
(税込 2,160円~)
■送料別
詳しくはこちら

フルセットレンタルタル訪問着

フルセット
フルセットレンタルタル訪問着

■価格  18,000円~
(税込 19,440 円~)
■送料別
詳しくはこちら